日々の積み重ねが最後に影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加
基本的に中学校に進学する際は、近くの学校にそのまま進むことが多いと思います。 しかし、より環境のいいところで勉強したいと考えていのであれば、中学受験を行って良い学校に進学することも必要です。 受験を行っている学校はその後の進学にも有利ですし、受験を1度経験しておけば、今後の受験にもいい経験になると思います。 中学受験を受ける場合は、1年で何とかなるものではありません。 日々の積み重ねをしっかりと行うことによって、合格確率を上げることができます。 遅くとも小学校5年くらいには準備を始めた方が良いでしょう。 また、中学受験個別指導塾などの学習塾へ通わせることも大事です。 小さい頃から勉強を無理やり押し付けてもよくないので、ある程度わかるようになるまでは外で思いっきり遊ばせる方が良いと思います。 わかるようになったら本格的に勉強を開始します。毎日勉強をする習慣をつけさせて、知識量を増やしていくようにしましょう。 6年生になったら過去問にも取り組んで、受験対策もしっかり進めていくようにしてください。進学する学校は夏までには決めておき、その学校に必要な学力を付けるようにしておくと、本番まで安心できると思います。 後は本人のやる気次第でしょう。 受験は冬になりますので、当日の体調をしっかり整えることも大切でしょう。予防接種などの対策は万全を期す上で必要です。http://中学受験は個別指導塾.jp/